法師乃湯-Edit.jpg

法 師 乃 湯 (混浴風呂)

弘法大師巡錫の折の発見と伝えられ、法師乃湯と呼ばれています。温泉は近年少なくなった自然湧出で、豊富な湯が浴槽の底から湧き有効成分が失われることなく人体に吸収されます。泉質は無色透明のカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉(石膏泉)43℃で胃腸、火傷、動脈硬化等の諸病に適応します。
国鉄時代のフルムーンポスターの舞台になった大浴場「法師乃湯」・建築されてから1世紀以上経っているこの浴槽は、やはり貫禄があります。 純度100%の源泉が、下に敷き詰めた玉石の間からポコポコ自然湧出4つの浴槽は微妙に温度が違います。 当館を昔から知っている方は、浴槽の周りの箱を脱衣場として使っていていわばこれが「法師温泉流」です。 この空間は時間の流れがゆっくりに感じるかもしれません。

DSC_3090.jpgこの浴場を覆うのは和洋折衷の建物で,いうなれば鹿鳴館調といえるでしょう。 浴場としては珍しいこの建物は明治28年の完成。 今日、屋根は深い緑に苔むし、辺りの自然によく調和しています。 昼は窓越しから差し込む光が控えめに、夜は行灯風の灯りがほのかに素朴な浴場に映えています。 大浴場の入浴感は一言でいえば胎内回帰の感があります。

写真をクリックすると拡大表示されます。

DSC_3088.jpg午後8時から午後10時までは女性のみのご入浴となります。

IMG_9719_ソフト.jpg2000年に現在の男女の脱衣場が出来るまで100年以上もの間 この棚を脱衣棚として利用していました。是非とも昔ながらの入浴方法でもお試しあれ

IMG_2693.jpg男女別の脱衣所ですが、湯船は混浴となります。

00.jpg

玉 城 乃 湯 (内湯と野天風呂)

玉城乃湯は総檜造りで開放感満点のお風呂です。もっとゆっくり入りたいという女性のお客さまからの要望に応え、男女時間交代制を採用。午後3時から午後8時までが女性、午後8時から翌朝午前7時までが男性となります。法師乃湯にはなかったカランやロッカー、野天風呂も設けました。

IMG_2678.jpg内風呂の外には露天風呂があります。ガラス戸を全て開けることも出来開放感満点のお風呂です。

IMG_2672.jpg

DSC_1387-Edit.jpg

DSC_3318.jpg

DSC_1259.jpg

長 寿 乃 湯 (15時~20時まで男性・他の時間女性)

長寿乃湯は利用源泉に関する項目(源泉・泉質・引湯)と浴槽利用に関する項目(給排湯方式・加水・新湯注入率)で、自然度・適性度の目安に、日本天然温泉審査機構より6項目全て満点の評価を頂いております。

DSC_1239.jpg

DSC_1263-Edit.jpg

DSC_3468.jpg

写真をクリックすると拡大表示されます。

20130829075221.jpg

ページの先頭へ

yoyaku1.gif
yoyaku2.gif
yoyaku3.gif

こちらは客室の一部(全体の1~2割)をお受けしていますので満室の場合は電話にてお問合せ下さいませ。

enjyminakami2016.jpg

20170110300x120.jpg

bnr_gunma04.gif

trip5.jpg

link5.jpg

hon5.jpg

bunka5.jpg

orp5.jpg

burogu5.jpg

ficebook.jpg